「モーターホームの旅」専門旅行会社 社長の格闘日記 アメリカでの「レンタルキャンピングカーの旅」を、もっと皆さんに楽しんでいただこうと専門旅行会社を興した社長の格闘日記 

最近の記事
新ブログへ移行のご案…
04/30 08:52
キャンピングカー(モ…
04/19 12:19
超豪華!アメリカンセ…
04/17 19:02
我が友、高橋歩も参加…
04/14 18:16
千葉ロッテvs東北楽…
04/12 19:41
最近のコメント
さっそくのせていただ…
嵯峨佑史 04/03 15:46
さっそくのせていただ…
嵯峨 04/03 02:01
ふじまるさんあけ…
motor-home 01/05 06:40
あけまして おめでと…
ふじまる 01/04 16:26
ふじ○さんコメン…
motor-home 12/28 07:02
最近のトラックバック
(お役立ち情報)シャ…
11/19 18:32
トラベルデポさん
07/29 22:52
超カワイイ!石川遼ク…
06/27 19:04
エスタの認証までの期…
03/31 21:18
エスタの認証までの期…
03/31 21:17
トラベルデポ・インコーポレイテッド | Facebookページも宣伝

「厄年」について、、、

現在40歳ではあるが、数え歳では1月からすでに42歳の「本厄」に入っているものの、まだ「厄払い」をしていない為、気になっているので読んだ。

「厄年」について書かれた本が以外に少ないのだが、この本ではいろいろな「厄年」について事例ともども書かれており、まんざら「厄年」をバカにしてはいけないと改めて感じさせる1冊であった。



この本では、歴史上の人物が厄年の時に降りかかったことも書かれており、誰でも皆「厄年」には何らかのことが起きるものなので、「厄年は人生の転機」と考えていくことで上手に乗り越え、残りの人生を豊かに送るきっかけにしていく為の注意点等も書かれてあった。

また「厄年」がなぜ「42歳」になったかというと、江戸時代に庶民の間で語呂合わせで流行し「死に」通じるとして忌まれたとのこと。。。その割には「42歳」の「本厄」は的を得ているなぁ~

実際「前厄」であった昨年は、大阪異動(単身赴任)、退職、会社設立とこれまでの人生では経験したことがないことばかり起こり、今年もすでにいろいろなこと(良い意味でも?)が起こっており、まさに「本厄」真っ只中といったところ。。。

ただ、「佐野厄よけ大師」が先代の住職が東北自動車道の開通で車を使って来る人が増えることを見越して名称も変えてCMを使って売り出して成功させたということは意外だった。「佐野厄よけ大師」が今の「厄年」ブーム?を普及させたということも「マーケティング」の重要性を感じた。

もう明日から4月なので、早く「厄払い」に行こうっと!
すでに「本厄」を経験された皆さんは、いかがでしたでしょうか?
日記 | 投稿者 motor-home 15:40 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<  2007年 3月  >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ別アーカイブ
ホビダス[趣味の総合サイト]