「モーターホームの旅」専門旅行会社 社長の格闘日記 アメリカでの「レンタルキャンピングカーの旅」を、もっと皆さんに楽しんでいただこうと専門旅行会社を興した社長の格闘日記 

最近の記事
新ブログへ移行のご案…
04/30 08:52
キャンピングカー(モ…
04/19 12:19
超豪華!アメリカンセ…
04/17 19:02
我が友、高橋歩も参加…
04/14 18:16
千葉ロッテvs東北楽…
04/12 19:41
最近のコメント
さっそくのせていただ…
嵯峨佑史 04/03 15:46
さっそくのせていただ…
嵯峨 04/03 02:01
ふじまるさんあけ…
motor-home 01/05 06:40
あけまして おめでと…
ふじまる 01/04 16:26
ふじ○さんコメン…
motor-home 12/28 07:02
最近のトラックバック
(お役立ち情報)シャ…
11/19 18:32
トラベルデポさん
07/29 22:52
超カワイイ!石川遼ク…
06/27 19:04
エスタの認証までの期…
03/31 21:18
エスタの認証までの期…
03/31 21:17
トラベルデポ・インコーポレイテッド | Facebookページも宣伝

モーターホームの旅体験記をついにサイトup!!!

多くのお客様からご依頼いただいている「モーターホームの旅DVDプレゼント」の際にいただくアンケートに一番チェックしていただくのは、「もっと利用者の声(体験談)を聞きたい!」という項目。。。。ほとんどすべての方がこの項目にチェックをつけてこられる。

これを何とかクリアにしたいという思いから、ようやくホームページを画面追加して、まずは2組のお客様の体験記を写真とともにupできました。
http://www.motor-home.net/motor/taikenki_top.html



早速、写真、コメントいただいたお客様にwebサイトにupしたことを伝えたところ、想像以上に喜んで下さり、旅の思い出がまたよみがえったと感謝の言葉をいただきました。(うれしい~)

そこで、これまで写真のみいただいていらっしゃる方も多かったので、簡単なコメントの依頼を皆様にさせていただきました。早速、送って下さるとの返事に感謝です!

徐々にupしていき、モーターホームの旅を身近なものにしていきたいと思います。

乞うご期待下さい!
日記 | 投稿者 motor-home 07:23 | コメント(0)| トラックバック(0)

審判講習会に参加してみて、、、

今日は息子の野球チームがお手伝いしている審判講習会に参加してきた。


なかなか週末も時間が取れない中、久しぶりの審判講習会。美浜区の連盟の方達の厳しい?講習になるかと思ったが、少し慣れてきたのか、これまでの審判体験よりも気軽にできた。
一度、主審をやってみたくなってしまった!!!(甘い?)

ちょっと気になったのが、いくつかのチームのお父さんも参加している中、今回始めてお母さんの姿が、、、聞いてみると、お父さんの手伝いがなかなかできないチームでは、お母さんが審判の手伝いもしているとのこと。。。まだ、息子のチームではそこまでにはなっていないが、ひとごとではないような気が、、、

正直、週末は出発、帰国が多い為、1日中手伝えることが少ないが、できるだけ手伝っていきたいと改めて思いました。お父さん達もいろいろ頑張りましょう!

これは、息子の野球チームのグランド


3年程前にこのグランドができる前から現総監督の方(何と70才!)が非常にご苦労をされ、企業庁等のお役所の方々に説得して、ここまでにした話しを先日総監督から直接聞いた。当初はただのグランドであったが、マウンドができ、ホームベースが埋め込まれ、ダッグアウトにベンチができ、先日にはいよいよダッグアウトには屋根が、、、今日行ったら、何とライト、レフトのポールまで設置されていた。まさに専用球場状態!
でも平日は勝手に使えるので、何と今の子供は恵まれていることか、、、
マリーンズのお膝元の野球チームで息子が頑張っている姿を見ることで、自分にも良い刺激を受けている今日この頃、頑張れお兄ちゃん!!!
日記 | 投稿者 motor-home 00:06 | コメント(0)| トラックバック(0)

男3人 モーターホームの旅

先日、アラスカに行かれた男3人のかたから行かれた感想を伺うべく都内でお会いしてきた。
すでに、現地で取られた写真もお送りいただき、一部ホームページ上にもupさせていただいていたが、追加の写真も見せていただき、改めて「男3人モーターホームの旅」の楽しさを聞くことができた。


以前、同じ職場で働いていて、その時はたまにBBQ等を楽しんだりしていた仲で、今はそれぞれ結婚もして別の職場で働いており、久しぶりに会った時、一度海外の旅に出よう!ということで、いろいろ検討した結果「モーターホームの旅」を選んだとのこと。

会社を設立した時に、「モーターホームの旅」を楽しむ層をいろいろイメージしていた僕には「男同士の旅」というのは、実はあまりしていなかった。

ただ、一人のかたが「人生、海外旅行や社会経験を踏んできた中で、何かリセットをしたい!と思った時に、こういった自分自身で考え行動して開拓していく旅はぴったりだった!」と話されていたことで、自分自身がこういったことをしたいと思い、皆にも知っていただき、楽しんでいただきたいという気持ちから、改めて会社を設立して良かったなぁ~と感じました。

ただ、9月下旬のアラスカ デナリ公園やチナではほとんどの店がクローズになっていて、備え付けの毛布が薄く、ダウンジャケットを持っていかなかった一人のかたの凍える姿の写真には申し訳ない気持ちが一杯になってしまった。(チナではマイナス0度程度まで下がったとのこと。)

ただ、この時期にRVパークに滞在しながらすでにオーロラを見にきている人もいたりして、そういった人達と簡単ではあるが、言葉を交わすなんてことができるのがモーターホームならではの楽しさですよ、、、」と言って下さったのは、この旅ならではの救いの言葉ではあったが、、、
日記 | 投稿者 motor-home 00:42 | コメント(0)| トラックバック(0)

61才からはじめた海外レンタカーの旅

先日、隣の駅に住むかたからホームページを見て「アメリカ キャンピングカーの旅」についていろいろお聞きしたいとお問い合わせをいただき、モーターショー開催中、幕張のホテルでお会いした。

そのかたは57才で免許を取得し、それから車の運転に目覚め、何と61才に初めて海外のレンタカーの旅にチャレンジし、レンタカー利用の旅行の素晴らしさを実感してその魅力にとりつかれ、それからは毎年海外をレンタカーで走り、これまで8回も大自然観光と爽快なドライブを満喫しており、現在なんと70才、今年の夏にはユーコンとアラスカの6,400kmのレンタカーの旅に行かれてきたとのこと。


まだまだいろいろなところへ行かれたいとの夢お持ちで、「アメリカ キャンピングカーの旅」に興味を持っていただけきました。

▼ホームページもご自身で作られたとのこと。
http://www1.seaple.ne.jp/ozaki/ryoko/top.htm


車での旅の楽しさを知っているので、お客様の視点にたった立場からホームページ展開についても教えていただきました。

一番、ハッとさせられたことは、AT車の免許でも運転可能だと載せたほうが良いですよ、、、とのお言葉。普段、マニュアルのパジェロを運転している僕にとって、AT免許?そういえばあるなぁ~、、、くらいにしか考えておらす、でもよく思い返してみると、意外に多いのでは?と思い、早速ホームページのTOPに記載させていただきました。

▼モーターホームはATコラムシフトが多いです


同時に、これまで行かれたお客様からいただいた写真も随所に織り込んでみました。
http://www.motor-home.net/motor/motorplan.html

これからも多くのお客様の声を反映し「アメリカ キャンピングカーの旅」の楽しさを伝えていきたいと思います。

いわゆる団塊の世代よりも上の方からも多くお問い合わせをいただいているので、キャンピングカーの旅の素晴らしさや楽しさをもっともっとホームページ上でもお伝えしていきたいと思います。

人生まだまだこれからですね!
日記 | 投稿者 motor-home 06:32 | コメント(0)| トラックバック(0)

卒業旅行の打ち合わせから

男4人での卒業旅行で、西海岸からグランドキャニオン等へキャンピングカーを使って行きたい!という学生の方からご連絡をいただき、早速昨日お会いしてきた。

私自身が湾岸戦争の中、卒業旅行でアメリカ一周をしてきたことが、その後の人生の影響(この仕事を始めるきっかけ?)にもなったので、是非行っていただきたい!という強い願望から、資料をたくさん持って行き説明。2時間くらいの話しの中から、いろいろ学生の方が思っている生の声を聞くことができ、やはり直接お会いして話すとお互いいろいろ確認できるな~と改めて実感。

日頃よくいただいている質問も改めていただいたので、今回はよくいただく質問と回答について記載したいと思います。

Q1:21才以上であれば運転可能を書いてあるのですが、他のレンタカーは概ね25才以上となっていますが、本当に借りられますか?
A1:21才以上で問題ございません。ちなみにハーツ、エイビス等もあまり大々的には書いておりませんが、追加料金を支払えば、21才以上の方でも借りることができます。

Q2:保険はどこまでカバーしていますか?
A2:キャンピングカーの保険は現地で直接入るのは非常に複雑で分かりにくい為、トラベルデポではエルモンテRV社との特別契約で、通常の任意保険(対人・対物)のアメリカ最高保険額(対物:無制限、対人:100万ドル)を含んだ料金設定をしています。対人(100万ドル)については、アメリカ本土でこの補償額を超えることはまずない為、他のレンタカー会社同様この最高限度額で設定してます。


Q3:事故を起こした時のフォロー体制は大丈夫ですか?
A3:レンタルキャンピングカー会社(エルモンテRV社)には、フリーダイヤル(英語)で緊急サポートがあります。トラベルデポでは現地ネットワークを使い、日本語でのサポートサービス(エルモンテRVのサポーとの取次ぎ等)を提供しております。レンタルキャンピングカー以外の現地手配(空港~レンタルオフィスへの送迎等)を依頼していただいたお客様には無料で提供しております。(ただし、対応等で出向く等の実費はご請求させていただいております。)先日もタイヤをパンクされたお客様の対応でガソリンスタンドに行ってタイヤを交換するよう指示をして、スタンドではお店の人に携帯電話で取り次ぎ、指示をしてお客様にご満足いただけました。

最後に、、、
今回、なぜ弊社を知ったのですか?とお聞きしたところ、「水曜どーでしょう」というローカル番組で数年前にタレントがカナダでのキャンピングカーの旅の特集を観てからいつかはと思っていて、検索エンジンで「海外 キャンピングカー」で検索して知って下さったとのこと。やはり、メディアの力は大きいな~と改めて実感するとともに、一度仕掛けていた「旅チャンネル」への番組提供していこうと思います。

水曜どーでしょう(非公式サイト) 初めて聞きました、、、
http://www.suidouremix.com/suidou.html

是非、安心な旅を提供していき、一生の思い出を作って欲しいと思います。

日記 | 投稿者 motor-home 06:34 | コメント(0)| トラックバック(0)
<<  2007年 11月  >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
カテゴリ別アーカイブ
ホビダス[趣味の総合サイト]