「モーターホームの旅」専門旅行会社 社長の格闘日記 アメリカでの「レンタルキャンピングカーの旅」を、もっと皆さんに楽しんでいただこうと専門旅行会社を興した社長の格闘日記 

最近の記事
新ブログへ移行のご案…
04/30 08:52
キャンピングカー(モ…
04/19 12:19
超豪華!アメリカンセ…
04/17 19:02
我が友、高橋歩も参加…
04/14 18:16
千葉ロッテvs東北楽…
04/12 19:41
最近のコメント
さっそくのせていただ…
嵯峨佑史 04/03 15:46
さっそくのせていただ…
嵯峨 04/03 02:01
ふじまるさんあけ…
motor-home 01/05 06:40
あけまして おめでと…
ふじまる 01/04 16:26
ふじ○さんコメン…
motor-home 12/28 07:02
最近のトラックバック
(お役立ち情報)シャ…
11/19 18:32
トラベルデポさん
07/29 22:52
超カワイイ!石川遼ク…
06/27 19:04
エスタの認証までの期…
03/31 21:18
エスタの認証までの期…
03/31 21:17
トラベルデポ・インコーポレイテッド | Facebookページも宣伝

キャンピングカーをうまく使ったゴルフプレイ

motor-homeが今からとても楽しみなのが、2009年の6月に開催されるゴルフの全米オープンゴルフ!来年はニューヨーク郊外のロングアイランドにあるベスページGCの中でも超難関コースとして有名なブラックコースで7年振りに開催されます。
▼ベスページGC・ブラックコース 18番ホール


前回(2002年)にこのコースで行われた全米オープンでは、通算1アンダーでホールアウトしたタイガー・ウッズとロコ・メディエートとの、18ホールストロークプレーによるゴルフ史に残るプレーオフが印象的でした。


結局タイガー・ウッズが翌日の延長戦に競り勝ってトリプルグランドスラムの偉業を達成!プロゴルファーの中でも最高レベルのプレーヤーが死闘と繰り広げる全米オープン。来年はアメリカでも有数の難コース、べスページ・ブラックコースでどんなドラマが待っているか本当に楽しみです。石川遼プロも予選から参戦するのかな?タイガーもケガから回復しての活躍を期待したいところ!


実はべスページGCはパブリックコースとしても有名で、基本的には誰でもプレイできるのが魅力!予約は1週間前から電話でしかとらないことから、予約するのも超難関のコース。

ニューヨークに住んでいた友人の話しだと、ニューヨーク州の住民は優先的に予約が取れるらしいのですが、結局電話はつながらないことも多く、繋がってもすでに満員となっているのも日常茶飯事。

そこで、もう一つの浸透している方法として、当日直接出向きキャンセル待ちをする方法。ただし、早朝4:30から整理券を配り朝早くコースに到着しても車がズラリということも。。。

週末ともなると車中で一泊する人たちも多いとのこと。聞くところによると、前日の夜から並べばかなり高い確立でプレイできるとのこと。。。

そこでお薦めなのがキャンピングカー(モーターホーム)で行く方法。もちろんベット、キッチンもあり、ゆっくりと寛げるので翌日のプレイもバッチリです!


前日にロングアイランドをドライブし、夜から待っていれば、ほぼ確実にプレイができるかと思いますので、是非、一度チャレンジしてみてください。
▼ロングアイランドは瑞々しい緑と青い海、美味しいシーフードやワイナリー、そしてアンティークと更に旅を盛り上げてくれる要素がたっぷり


▼エルモンテRV ニューヨークレンタルオフィス
→ ベスページGCへのルート(約86km、1時間15分程度)


大きな地図で見る

●最後に、、、
2008 年は感謝いっぱいの良い年でした。予測できない世界情勢の中で2009年を迎えますが、皆様にとって素晴らしい年でありますよう、心からお祈りいたします。
日記 | 投稿者 motor-home 09:35 | コメント(0)| トラックバック(0)

白いキャデラックへの想い、、、

年末を迎え、今年の10大ニュ-スの記事を見ると必ず上位にランク されるのが、アメリカの不況にからむビッグ3の救済処置をどうするかの問題。

motor-homeとしても、キャンピングカー(モーターホーム)のシャシー部分で大活躍しているシボレー(GM車)のことを考えると、アメリカ(GM)の象徴キャデラックが、今後どうなっていくのか心が痛むところです。。。

GMと聞いて今でも思い出すのが白いキャデラック。
▼キャデラックの中で一番好きな「セビル」


当時、中古のアウディに乗っていたmotor-homeは、次にと検討してましたが、まだまだ自分にはふさわしくない!という理由で、躊躇していた経緯があります。(結局パジェロを買いました)

motor-homeのホームページのプロフィールにも書いてある通り、以前いた旅行会社で一番の想い出になったのが、1998年のマスターズゴルフ観戦ツアーの添乗。

GMがマスターズの公式スポンサーになっていた関係で、当時の日本ゼネラルモーターズ(株)が、キャデラックの販売キャンペーンで販売会社のVIPクラスを招待するツアーを実施するという情報をキャッチしたmotor-homeは、学生時代にゴルフ部に所属し、トーナメントでのプロのキャディー経験もある者として、 いつかはマスターズ観戦ツアーを取り扱うことが夢でしたので、ここで他社との競合で負けたら一生後悔する!と、それまでの人生の中で一番奮起して企画書、プレゼンをこなし、何とか競合に勝ち、添乗にも行くことができた一生の想い出の仕事でした。

ちなみに、タイガーウッズが前年に初めてマスターズに勝ったこともあり、観戦チケットも高騰し、4日間通しで券面額($100)の観戦チケットが、何と!新車の軽自動車1台が買えるくらいの値段でした。

添乗後は感動と達成感で、帰国後約3ヶ月ほどは放心状態でした。。。

▼当時、キャデラックと契約していたことから「ミスター・キャデラック」と呼ばれていたプロゴルファー フレッドカプルス(彼のしなやかなスイングは、とてもマネできませんでした、、、) 1998年のマスターズでは惜しくも2位でした。(1992年には優勝してます)


それはさておき、オーガスタへ行って一番印象に残ったのが、会場近辺に当時のマスターズのスポンサーであったGMの象徴でもあった白いキャデラックが数多く並んでいたシーンでした。

聞くところによると選手や、招待者を送迎するオフィシャルカーとして白いキャデラックが使われていたとのこと。(写真がないのが残念です。。。)

その時の白いキャデラックが放っていたオーラは、タイガーウッズよりも強烈なインパクトを残し、「いつかはキャデラック!」と強い憧れを持ちました。まさか10年後、このような危機的な状況になってしまうとは、、、

がんばれ!GM! モーターホームの今後の為にも!

▼当「時キャデラック「セビル」のCMで流れていた
サザンオールスターズ 「胸いっぱいの愛と情熱をあなたへ」

日記 | 投稿者 motor-home 23:19 | コメント(0)| トラックバック(0)

ロサンゼルスにあるマクドナルドの有名なお店

以前にもこのブログ内でこの本の紹介をしたことがありますが、マクドナルドはミキサー会社の社員であったレイ・クロック氏が、ロサンゼルスに行った時にたまたま見かけたマクドナルド兄弟のハンバ-ガー屋に感動し、その店の経営権を買い取って、自らフランチャイズ化させて、ここまで大きくしたのが有名な話。確か52才での起業で、その行動力に感銘を受けました。



昨日、たまたま通りがけに入った青山ブックセンターで見かけたハンバーガー関連の本を眺めていたら、その3号店で実際レイクロックが一目ぼれした店(スピーディーという名称)が、エルモンテRVレンタルオフィスの近くにあったので、びっくりでした。これまで目的意識を持って探したことがなかった為、せっかくですのでご紹介しておきたいと思います。

DOWNEY(ダウニー)という街にはハーツのレンカーオフィスもあり、キャンピングカー(モーターホーム)返却後、このオフィスでレンタカーをレンタルし、ロサンゼルス最後の夜を満喫するお客様もいらっしゃるので、是非、立ち寄ってみてください。

▼本場アメリカンの雰囲気が漂ってますね

▼紹介webサイト
http://www.highwayhost.org/Mcdonalds/speedee4.html


▼ルート66、ラスベガス方面に行くI-5に乗り、約10分弱で着きます。

大きな地図で見る
日記 | 投稿者 motor-home 09:27 | コメント(0)| トラックバック(0)

今がおすすめ!デスバレーのRVパーク

ラスベガスからモーターホームで約3時間、西半球で最も低い場所にあり、また暑いところでも知られるデスバレー。夏には酷暑で気温50℃近くにもなり、モーターホームの運転も保険の対象外になっており禁止されてますが、10月半ばから4月までの今の時期は、観光シーズンとしておすすめです。


早春には花が咲き乱れる優しい風景が広がり、また公園の北端には場違いなほど豪華な大富豪の別荘もあり見学することができます。

ラスベガスからの1日観光や、ヨセミテ、サンフランシスコ、ウエストコースト、ロサンゼルスへ行く途中のルートとして組み込むことができます。

さすがアメリカ!、デスバレーにも国立公園を取り囲むようにいくつかのRVパークがあります。その中でお薦めなのがLongstreet Inn Casino RV Park。デスバレーの玄関口373号線沿いにあり、ラスベガスから約2時間強(約160km)で行けます。



Longstreet Inn Casino RV Park
★サイトは約50サイトあります。


★デスバレーはカリフォルニア州にありますが、このRVパークはネバダ州境にある為。カジノがあります。


★プールもあり、熱くなった体も?冷やせます


最近行かれたお客様からのご感想で、レンタカーやバスで移動するには、特にファミリーで行く時に、荷物をチェックイン&アウトごとにスーツケースにしまったりするのは、とても面倒でストレスが溜まるので、キャンピングカ-(モーターホーム)は、そのまま荷物を置きながら動ける、まさに「動く家」ですね!とご感想をいただき、改めて納得!

また、モーテルとは違って、こういったさまざまなタイプのRVパークに気軽に滞在しながら、アリカ、ヨーロッパの人々とも触れ合える旅は、絶対面白い!とのご感想をいただきました。

是非、神秘なデスバレーの世界を身近に感じて過ごしてみてください!
日記 | 投稿者 motor-home 22:45 | コメント(0)| トラックバック(0)

ESTA(エスタ)の申請をしてみました!

今回は「モーターホームの旅」とは切っても切れないアメリカの入国に関し、来年2009年1月12日以降、入国の72時間前までに事前に電子渡航認証システム「ESTA:エスタ(Electronic System for Travel Authorization)」の申請が必要になりますので、ご案内させていただきたいと思います。



観光、短期商用等の90日以内の短期滞在目的で米国を訪問される場合は、これまで査証(ビザ)が免除される代わりに、ED(出入国)カード(I-94)の提出が入国に関して必要でしたが、来年2009年1月12日以降の入国に関し、I-94とあわせて渡航する72時間前までに電子渡航認証システム(Electronic System for Travel Authorization:ESTA)に従って事前に申請を行い、認証を受けていないと、米国政府によれば、米国行きの航空機等への搭乗や米国入国を拒否されますのでご注意ください。

ESTAは、米国の国内法である2007年「9・11委員会勧告実施法」に基づき、米国が短期滞在査証免除措置をとっている国々(我が国を含む欧州諸国等27か国)全てを対象として導入されます。

なお、ESTAは査証免除者を対象としてますので、既に留学や就労の米国査証をお持ちの方は、ESTAへの申請は必要ありません。

ESTAへの申請は、専用のウェブサイトから行います。日本語表記のwebサイトもあります。(日本語をクリックされてください)
https://esta.cbp.dhs.gov/

motor-homeも3月に行く予定があることもあり、事前に申請してみました。ステップ4「申請に対する回答の受領」の画面に、16ケタの申請番号が記載されますので、無くさないように画面ごとプリントして持って行くのが無難かなと思いました。


画面はこれまで米国入国に際して提出していた出入国カード(I-94W)とほとんど同じ
で、入力自体は英語(アルファベットレベル)で行います。入力する内容は、名前、生年月日、性別などの申請者情報、パスポート情報、渡航情報の他、いくつかの質問に対し、はい、いいえで答える形式となっています。10~15分程度で完了します。

ご自身で申請する場合には、ESTAへの申請は無料ですが、インターネット環境のない方や英語が分からない方等は、申請者本人以外が代行することも可能です。なお、申請が不安な方向けにmotor-homeの会社では、@4,200円で代行申請させていただいております。)

なお、申請に対する回答は大概即座になされますが、仮に回答が保留された場合は、72時間以内に回答がなされますので、数時間後に再度ウェブサイトで確認してください。また、認証が拒否された場合は、最寄りの米国大使館・総領事館で査証申請を行う必要があります。

一度認証を受けると2年間有効となるとのことです。

●詳細は以下のwebサイトでもご確認ください。
・外務省のwebサイト
http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/passport/us_esta.html

・motor-homeのwebサイトでも紹介
http://www.motor-home.net/motor/esta.html

米国政府は、渡航する72時間前までの申請を勧めていますが、申請自体は、具体的渡航日程が決まっていなくともできますので、米国への渡航予定がある方は余裕をもって申請することをお勧めします。

またESTAの本格的な導入に伴い、将来的には出入国カード(I-94)は廃止する予定となっていますが、しばらくは併用で必要とのことです。

ご不明な点があったら、お気軽にご質問ください!
日記 | 投稿者 motor-home 06:33 | コメント(4)| トラックバック(3)
<<  2008年 12月  >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリ別アーカイブ
ホビダス[趣味の総合サイト]