「モーターホームの旅」専門旅行会社 社長の格闘日記 アメリカでの「レンタルキャンピングカーの旅」を、もっと皆さんに楽しんでいただこうと専門旅行会社を興した社長の格闘日記 

最近の記事
新ブログへ移行のご案…
04/30 08:52
キャンピングカー(モ…
04/19 12:19
超豪華!アメリカンセ…
04/17 19:02
我が友、高橋歩も参加…
04/14 18:16
千葉ロッテvs東北楽…
04/12 19:41
最近のコメント
さっそくのせていただ…
嵯峨佑史 04/03 15:46
さっそくのせていただ…
嵯峨 04/03 02:01
ふじまるさんあけ…
motor-home 01/05 06:40
あけまして おめでと…
ふじまる 01/04 16:26
ふじ○さんコメン…
motor-home 12/28 07:02
最近のトラックバック
(お役立ち情報)シャ…
11/19 18:32
トラベルデポさん
07/29 22:52
超カワイイ!石川遼ク…
06/27 19:04
エスタの認証までの期…
03/31 21:18
エスタの認証までの期…
03/31 21:17
トラベルデポ・インコーポレイテッド | Facebookページも宣伝

未来のキャンピングカー(モーターホーム)!

毎月、日本オート・キャンプ協会 から送っていただいている広報誌「Auto Camp(オートキャンプ)」

「Auto Camp(オートキャンプ)」 誌の表紙
右のさつまいもは息子がいも掘りで採ってきたもの、、、
(アウトドア関連ということで、、、)


ホビダスブログでもおなじみ キャンピングカースーパーガイド 町田編集長と昨年5月に行ったアメリカ モーターホームの旅の紀行記「地平線まで走るぜ!」 を10数回に渡り掲載していただき、大変お世話にもなりました。

▼ホビダスブログで17回にわたり展開していただいた時の紀行記
http://campingcar.blog.hobidas.com/archives/day/20080610.html

また、今年の4月~9月に販売させていただいた JALパックの「アメリカ キャンピングカーツアー」 のバナーも設置していただきました。


そんな中、10月号の紙面の中に飛び込んできた記事
★こんなクルマがあったら 未来のキャンピングカー
▼写真入りで掲載


記事によるとドイツのデザイナーの学生 クリスチャン・ズザナ氏がデザインしたコンセプト・キャンピングカー 「The Colim Concept」 と呼ばれるもの。

▼Googleで「The Colim Concept」と検索すると、こんなイメージ画像が、、、 キャンピングカー(モーターホーム)とミニ自動車が一体化したデザインは、想像を超えてます!


▼このwebサイトから写真を抜粋!
http://www.vhxn.com:80/new-car-concept-colim-car-cum-caravan/

通常は6輪で走行し、目的地に着いてからは、 後部の居住スペースを切り離し、小型自動車となる前部のみで行動できる 自走式キャンピングカーとキャンピングトレーラーとの長所を組み合わせたモデルで、これまでの概念とは全く違ったもの。

また、キャブコンタイプのように、運転席上部はフラットなスペースとなっており、最大4人まで利用できるよう設計されているという。
▼車中のイメージ


▼こんなタイプも!


ちょうど、motor-homeの会社のある街、幕張で開催されている「東京モーターショー」でも、さまざまなコンセプトカーが展示されている中、次世代キャンピングカー(モーターホーム)っていったいどういったスタイルになるのかな~?と考えていた矢先に飛び込んだ記事でした。

どんな姿になるか想像もつかなっかたので、目から鱗でした。いつかは、こういうキャンピングカー(モーターホーム)が主流になるんでしょうね?

毎年2月に幕張メッセで開催され、motor-homeの会社 もブース出展している キャンピング&RVショー でも、是非、こういったクルマの出展も期待したいです!(日本RV協会さん、展示?期待してます!)

次世代のキャンピングカー(モーターホーム)、今からワクワクします!
日記 | 投稿者 motor-home 06:31 | コメント(0)| トラックバック(0)

石川遼くんとの出会い,、、、

今週、千葉県で開催されている ブリヂストンオープンゴルフトーナメント の決勝ラウンドの観戦に4才の次男坊と行ってきました。目的は、もちろん?先週の日本オ-プンでは惜しくも2位だった石川遼くんのプレイを初めて生で見ること。

●ブリヂストンオープンゴルフトーナメント webサイト
http://www.bs-open.com/

●会場は 袖ヶ浦カンツリー倶楽部 袖ヶ浦コース
海浜幕張から外房線の鎌取駅まで行き(5つめ)、無料送迎バスで約7分、ドアtoドアで約45分で行ける何とも近い会場でしたが、今回始めて会場に足を運びました。トーナメント観戦は5年ぶりでしたので、大学のゴルフ部時代、トーナメント運営に携わり、プロのキャディーもやっていたmotor-homeとしては久々に胸がワクワクでした!

関心したのは、CO2削減の取り組みの一環で?車での来場を減らす為、 JRと無料送迎バスを利用して来場した方に、もれなく帽子をプレゼント! という取り組み。webサイト上に告知されていたので電車で行きました。帽子は2種類から選べ、無料で入場(高校生以下は無料)した次男坊の分ももらえて満足、大満足!


▼なかなかいい感じです(何と会場内のショップでは3,000円で売ってました!)もう一つは TOURSTAGEのロゴ が入った帽子でした。


▼会場入口前でパチリ(先週の携帯カメラ事件もあったように、ここから先の会場内はカメラは禁止です!


2アンダー28位でしたので、out2組めで8:40スタート。
ペアリングは、、、、
●遼くん(この日のショット。トーナメントのwebサイトのインタビュー記事より抜粋)全身ピンクのウェアが、ひと際映えてました!


▼motor-homeもブックマークに入れている 遼くんのブログ
「イソガバ、マワルナ!」
では遼くんの日常が垣間見ることができ愛読してます!
http://www.ryo-ishikawa.jp/blog/

●伊澤利光プロ

motor-homeが大学ゴルフ部時代、同じ時期に日体大ゴルフ部に所属しており、日本学生選手権等数多くの学生タイトルに勝ち、プロ転向後には 2001年のマスターズで4位 になったこともある、伊澤利光。学生時代にトーナメント会場の練習場で見たドライビングアイアンのキレのあるショットは今でも忘れられません。そのキレのあるショットはいまだ健在で頼もしい限りです。(motor-homeはすっかり影を潜めてしまってます。。。)

●谷原秀人プロ


一流プロの3人のペアリングということもあり、10番ホールからの観戦になりましたが、すでに最終日最終組のように大勢のギャラリーを引き連れてました。

motor-homeも約20年前の日本プロゴルフ選手権(日本プロ)で、村上隆プロのキャディーをやった時、たまたま同じ組に倉本昌弘プロがいたこともあり、大ギャラリーの中でのキャディーはサイコーに気持ち良かったです!(ただ、もし自分がプレイしている立場だったら、緊張の連続でゴルフどこではないな~と、感じました。)

遼くんは、今日はあまり調子が良くなく、ドライバーが右にプッシュアウト気味でしたが、さすがは超一流プロ。調子が悪いなりにパープレーにまとめてました。(TVでインタビューを観たかたであれば、いかに調子が良くなかったか分かりますよね。さすがに連戦の疲れか?、、、)

トーナメント観戦以外のもう一つの目的は、motor-homeの会社 の夢の一つでもある、 遼くんにもmotor-homeの使い勝手の良さを知ってもらい、アメリカ参戦の時にmotor-homeの会社が提供するモ-ターホームをトーナメト会場のパーキングに停めて好きに使ってもらい、使い勝手を発信してもらうこと! という夢の為に、遼くんパパにアプローチをすること!

遼くんパパが書いた本の中に、 遼くんがジュニア時代、夏休みの試合の時にはオートキャンプ場に行ってファミリーでキャンプをしながらキャンプ場からゴルフ場に通っていたという話し を読んで以来、絶対に使ってもらうぞ!という強い想いがあります。

▼その時のブログ
http://motor-home.blog.hobidas.com/archives/month/200901.html

▼遼くんパパが書いた本 「バーディは気持ち」

今年のマスターズで、 オーガスタの会場に向う遼くんが普通のミニバンに乗っていたのをTVで観ていて、こういう時にこそモーターホームが最高なのにな~ と思い続けてます!

アメリカでは雨が降っていても、一日中降り続けるケ-スは少ないこともあり、すぐに中止になることが少なく、また、サンダーストームでの中断も多く、そういった時の過ごし方も需要な要素となってきまうす。そういった時こそ、ゆっくり足を伸ばしてくつろげ、食事もできるモーターホームは、絶対に有効に利用できるものだと思ってます!(横峯さくらプロのキャンピングカーの話は有名ですし、、、)


▼こういった利用には、やはり34フィート(12m)程度の 大型モーターホーム ですね!


そんな目的も持ちつつも、遼くんが18番ホールのティーショトを終えセカンド地点に向う途中、 次男坊を肩ぐるましていて歩いていたmotor-homeの横を何と遼くんパパが、、、 思わず名刺を渡そうかとも思いましたが、最終ホールでもあるし、いきなりではどう思われるか?ということもあったので、5m程度後ろをしばらくついていていくことに。。。でも皆が同じグリーンの方向に歩いていることもあり、気が付いたのは1人のおじさんだけでした。

今回は、声をかけられませんでしたが、偶然にも出会ったあたりが運命的なもの を感じてしまいました。(勝手な思い込み?)

motor-homeの夢の一つの実現に向けての第一歩です!

▼遼くんの数多くあるCMの中で一番大好きなものは、シンプルなCMにもかかわらず、遼くんの魅力がゴルフスイングの中に最大限に凝縮されている「FOOD ACTION NIPPON」のCM。 もちろん、玉子かけごはんはmotor-homeの朝食の定番メニューです!是非、スイングイメージにもご活用ください?

日記 | 投稿者 motor-home 21:54 | コメント(0)| トラックバック(0)

「モーターホームの旅」ご計画から実際に行かれるまでの苦労話し、、、

「モーターホームの旅」 をご計画されていらっしゃるお客様との打ち合わせ等の中で、ご計画されてから決定されるまでに、心配される方々を説得される苦労話しをよくいただきます。

今回、9月にファミリーで 「グランドサークル8泊10日 モーターホームの旅」 を楽しまれたお客様からいただいた苦労話しをメ-ルでいただきました。ご紹介したいと思います。

▼ルートMAP 約2,500km!
ロサンゼルス~バストゥー~セドナ~グランドキャニオン~モニュメントバレー~アンテロープキャニオン~レイクパウエル~ブライスキャニオン~ザイオン~ラスベガス~ロサンゼルス  

大きな地図で見る

****************************
2年前に思い立って、初めからキャンピングカーで行くつもりだったのですが、直前まで周りの人にはずいぶん心配されました。でも、行ってみると何とかなるものですね。これもmotor-homeさんのおかげで事前の準備が十分にできたからだと思います。本当にありがとうございました。(ありがとうございます。。。 by motor-home)大げさかもしれませんが、あれだけの景色を見ると、人生観変わりますね。お金と時間さえあれば毎年でも行きたいくらいです。これから膨大な写真の整理を始めようかと思いますが、なるべく記憶が新しいうちに、僕みたいに初めてキャンピングカーで回る人のために、気付いたことなどもまとめておこうと思います。自分にとってもいい思い出になりますし、これから行く人にとっての貴重な情報源になればと思います。なかなか時間がなく、少し時間がかかると思いますが、できたら写真とともにお送りします。何かありましたらいつでもご連絡ください。それでは、どうもありがとうございました。
****************************

このお客様より、昨日改めてメールをいただき、現地で撮られた約2,000枚!の写真の中から50枚程度を厳選したアルバムを送ってくださるとのこと。楽しみに待ってます!

また、現在アメリカ大陸横断中!「SUPER GENKI CLUB」の現地発ブログにも、苦労話しが紹介されていらっしゃいました。

●ファミリーでのグランドサークル巡り
●アメリカ大陸横断 モーターホームの旅。

どちらも今回ご利用されたのは CS-30タイプ


****************************
出発するまでに、全体ミーティングを3回プラスαぐらい実施し、後は携帯とかメールなどで連絡をしながら出発に備えました。今回の計画に対して、メンバーの身内を初め友達、諸先輩などは大変危険であるので止めるように勧告されたケースが圧倒的に多かったと聞いております。しかし、メンバー全員が、元気なうちにアメリカ大陸をキャンピングカーで横断すると云う夢を →→→ 参加メンバー全員で力を合わせて実現に向けて、一団結して実践するのだ!!となり・・・・29日成田発の機中の人とあいなりました。
****************************

▼モニュメントバレーをバックに、、、(2009年10月8日)
「SUPER GENKI CLUB」の現地発ブログにアップされました!


ご検討中のお客様の中にも、実行されるにあたりいろいろ説得される機会もあるかと思います。そんな時には、こういったお客様からのご感想を是非ご紹介いただけたらと思います。
日記 | 投稿者 motor-home 06:59 | コメント(0)| トラックバック(0)

冬の時期、「モーターホームの旅」おすすめコース!

10月もあっという間に中旬になり、これからの時期は、冬休み、卒業旅行を利用した 「モーターホームの旅」 のお問い合わせが増えてきます。

その中でよくいただく質問は、グランドサークル巡りをご計画されていらっしゃるお客様から、冬の時期にモーターホームでグランドキャニオンに行けますか? というご質問をいただきます。

レンタルモーターホ-ムはスタッドレス等の雪道用のタイヤは装着しておらず、お客様の判断(自己責任)でドライブコースを決めてください。ということになっているので、例えばカナダ(バンクーバー、トロント等)のレンタルモーターホームでも、オフィスは通年オープンしておりレンタルできますが、すべて通常のタイヤを装着したモーターホームでのレンタルになっております。

ちなみに、アラスカ(アンカレッジ)のレンタルオフィスは、10/11~来年4/30までクローズしておりますのでご注意を!

道路については、積雪及び路面凍結が想定されるような道路は、この時期、道路に薬品を撒き雪を融雪している為、積雪による通行止めの可能性はほとんどないと聞いています。実際、これまで行かれたお客様も“意外と”普通に運転できましたよ!というご感想をいただいております。

▼2月に撮影したルート66のセリグマンでのフリーウェイ(I-40号線)でのショット


ちなみにグランドキャニオンの気温は、年末年始の時期、RVパークのあるサウスリムで、最高5℃~10℃、最低は-5℃~-10℃程度です。ただし、気温の低い明け方、路面の一部が凍結している所はあります。また、RVパークの水道は、朝起きたら凍っている場合もありますが、お湯をかけると使えるようになります。排水口は普段通り使え、洗面所やシャワールームはコインランドリー棟を使えば問題ないです。

▼2月のグランドキャニオン(サウスリム)


電気についても、RVパーク内ではサイトにつなげれば全く問題なく普通に利用でき、RVパーク外であればモーターホームに備え付けの発電機(ジェネレーター)で、また車内の暖房はLPガスのヒーターで快適に過ごせます。ご安心ください。

当然、例えば東京でも大雪で道路がマヒしてしまうこともあるように、万が一、積雪や路面凍結が予測される場合のお薦めルートは、ロサンゼルス~バストゥ-グランドキャニオンモニュメントバレーギャラップセドナ~フェニックス~パームスプリングス~ロサンゼルスの約2,500km!

★ルートMAPではこんなイメージです。

大きな地図で見る

RVパークはこの時期であれば、ラスベガス以外であれば事前予約をする必要はない、と思っていただいて構いません。(冬のラスベガスは意外にもRVパークでの長期滞在者も多い為、予約は必須です。)
▼全米No.1の規模(約900サイト)を誇る ラスベガス オアシスRVパーク のエントランス(まるでリゾートホテルのようでした)


冬のグランドキャニオンを訪れる「モーターホームの旅」、キリッとしまっていておすすめです!
日記 | 投稿者 motor-home 07:08 | コメント(0)| トラックバック(0)

ソルトレイクシティ発、壮大なモーターホームの旅!

今年6月から成田~ソルトレイクシティの直行便が就航され、ソルトレイクシティをゲートウェイとしたプランで 「モーターホームの旅」 を楽しまれたお客様も多くいらしゃいました。

その中で特に壮大なプランは、11泊13日に渡るカナディアンロッキーにも足を運ばれた50歳代のご兄弟での「モーターホームの旅」 でした。

●ルート(総走行距離、約4,500km を走破!)
ソルトレイクシティ~グランドティトン~イエローストーン~グレイシャー~ウォータートンレイクス~バンフ~ジャスパー~コロンビア大氷原~レイク・ルイーズ~ヨーホー~クートニィ~カムループス~シアトル

●ルートMAP

大きな地図で見る

そのお客様から、「体験記」の前にということで、写真とコメントをいただきました。「モーターホームの旅」ならではの雰囲気が出ていてなかなかのショットです!



ソルトレイクシティから出発し、2日め、ジャクソンの入口にある KOAスネークリバーRVパーク を出発してイエローストーンへ向かうUS-191を走行中に、グランドティトンナショナルパークが真正面に見える駐車場で撮影。真っ青な空に山が広がり雄大な景色だ。真正面がGrand Teton(グランドティトン)標高4,197m 右がMt. Owen



4日め、 イエローストーン公園のKOA RVパーク に宿泊し、オールドフェイスフル・ガイザーに向かう途中US-191沿いの川にて撮影。車が停車して人だかりができているところは必ず動物が近くまで来ているようだバイソンの群れが川の中で休んでいた。デジカメを持った人が遠巻きに集まっているが、バイソンンはお構いなしに草を食べ水を飲んでいる。実にのどかな風景だ。

このお客様は今回の「モーターホームの旅」で、1,500枚の写真を撮影されたとのこと。現在、お忙しい中編集中とのことでいらっしゃいます。

●すでにまだ暫定版ということで、その他の写真もmotor-homeの会社のwebサイトの「体験記【12】」にも掲載しております。
http://www.motor-home.net/motor/taikenki_top.html

是非、お時間がある時で構いませんので「体験記」楽しみにお待ちしております。
日記 | 投稿者 motor-home 06:58 | コメント(0)| トラックバック(0)

ボビー・バレンタイン、マリン ラストデーム!

昨夜は泣きました、、、、雨の中の千葉マリンスタジアム。
超満員のマリーンズサポーターに埋められてました!

チケットを手配しようとした時点で、すでに2階の自由席しか空いていなかったのですが、屋根付きの部分でベンチの見える3塁側(マリンズサポーターでいっぱいなので問題なし!)に陣取り応援!

▼2005年の阪神タイガースとの「日本シリーズ第1戦」を思い起こさせる”霧”の中でのゲーム!(とても雰囲気が似てました。。。球場の神様?が演出してくれたのかも???)


▼花火も今年最後、、、


▼こういったボビー関連ショップ(メジャーのボールパークにあるようなBAR等)はどうなるんだろう。。。寂しい限りです。


▼一度は食べたかったフィラデルフィア・ステーキサンドも最後?かと思い、記念に食べました。見ためよりボリュームがあって大満足。。。


ゲームは日本一になった2005年の強さがよみがえったような粘りで、同点で迎えた8回裏の勝負どこでの今江&里崎のタイムリー!現在2位の楽天に完勝!本当にドラマのような試合でした!

▼セレモニーの様子。ボビーは本当にマリーンズが好きだったんだな~と、改めて実感!(今度は、1ファンとして応援したい!と、すべて日本語でのスピーチ。す・ば・ら・し・い~(ボビー流に、、、、)


アメリカに帰ったら、ゆっくり過ごすのかな?それとも、またどこかのメジャーの監督をやるのかな?まずはアメリカに帰ったらゆっくり休んで、アメリカのシニア夫婦が楽しむように、「モーターホームの旅」 を満喫して欲しいなぁ~と思ってます。

同じ街にも住んでいて、コンビニ等でも会った時に声をかけても気さくに「あ・り・が・と・う。。。」と応えてくれたボビー。また、アメリカでいつか会って、マリーンズやわが街の話しなど、想い出話しができることを願ってます。

ちょうど、2人の息子達が一番野球に親しむ時期に野球の楽しさを教えてくれたボビーに、感謝、感謝です。本当に6年間ありがとう、ボビー。。。

motor-homeもボビー流のマネジメントを、いろいろな局面からも学ぶことができ、人生のこの時期に廻り合えて本当に感謝してます。

▼我が宝物、フィールドウイングシートでボビーから右胸にサインしてもらったユニフォーム(いつもこれを着て応援してました!)


▼早速、You Tubeにもアップされてました。。。
ボビー最後の勇姿を!(涙、、、)
たくさんの感動をありがとう!!!

日記 | 投稿者 motor-home 07:10 | コメント(0)| トラックバック(0)

motor-home BIKE(自転車)で美容室へ行く、、、

motor-homeの行きつけの美容室が南行徳にあります。
その名は、、、
▼スカンクワーク


この店は今から10年近く程前、紹介で行った美容室でたまたま髪を切ってくれた人が、たまたま同年代&アメリカ大好き(車もビュイック!)ということもあって意気投合し、飲みに行ったり、お互いに野球観戦好きなので千葉マリンスタジアムにも一緒に行ったりする仲。(彼はジャイアンツファンで優勝!羨ましい~。ちなみに、10/6のマリンスタジアムでのボビー最終戦も一緒に観戦予定!)

そんな彼が、今から5年程前に独立してオープンさせたお店が、この「スカンクワーク」。その時すでに独立志向の高かったmotor-homeは、同年代の人が間近で夢を実現させたことに羨ましく思い、また、自分もいつかは続くぞ!と希望を高く保つことのできた良い友人でもあります。

そのスカンクワークには、当然?いつもは愛車パジェロで行くところ、鳩山総理のCO2 25%OFF発言に少しでも協力しようという思い?から、自転車で行ってみることにしました。

▼愛車 コールマンの21段変則のバイク


▼国道357号線をひらすら東京方面に、、、、
ここはとにかくトラックが多い道としても有名で排気ガスが車に乗っている時とは全然違い、想像以上でした。途中の市川大橋でパチリ!何とこの日は湿度は低かったですがこの手前にあった温度計では31℃もありました。。。


▼ちょうど1時間かけて到着。早速、入り口前に止めてパチリ


▼帰りがけ(16時頃)にはなんと東の方向の真正面にでっかい虹が、、、(特に雨が降っていたわけでもないのですが、その後、天に登るような感じで伸びていきました。)


とにかく、排気ガスのすごさを感じた自転車の旅でしたが、車では感じられない景色、空気を感じることができ、これからは毎回自転車で行こうかな? と思いました???
▼でも20kmもないんですね、、、(特に、行きは遠く感じました~)
&l t;br />大きな地図で見る

「アメリカ モーターホームの旅」でも、後ろにキャリアを付ければ自転車を使いこなせますよ。。。


自転車を積んだ「アメリカ モーターホームの旅」、みなさんも是非、、、

▼こんな時は、同じく同年代の福山雅治が熱唱する「虹」でも、、、

日記 | 投稿者 motor-home 08:32 | コメント(0)| トラックバック(0)
<<  2009年 10月  >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ別アーカイブ
ホビダス[趣味の総合サイト]